パーソナライズの工夫

ご質問ではなく、私の配布しているスキル辞典のご感想頂きました。

 

「メルマガやレターだとなどのセールスライティングで、
見えない見込み客に対して『あなた』と投げかける、
その重要性はよくわかります。

ただ、最初は恥ずかしいというか、
わざとらしさが自分でも分かるのでやりにくさはありますね」

 

確かに初めのうちは、
young business man covering his mouth

「何を語り部ぶっているんだろ、俺」

 

 

みたいな感じで恥ずかしい気持ちになるのはわかります。

スポンサードリンク

私も
「こんなベタなこと効果あるんか?」
って恥ずかしがりながら、メルマガ、ブログに書いていました。

 

ただ、これは確かに「あなた」を使うことで
空間に一体感を産むための大事なスキルではあります。

 

ただ恥ずかしいのも分かりますので、
今回は一つ代替案をご紹介します。

 

それは「疑問文から始める」というものです。

 

質問というのは、相手がいて成立するコミュニケーションです。

その際に「あなた」という単語は、言わなくても通じる単語です。

 

その時は少し熱を入れてというか、
相手が目の前にいる感じで相手に気付かせる
意図を持って投げかけてみましょう。



メール:

お名前:


コメントを残す

このページの先頭へ