廉価書籍で学ぶなら高橋フミアキ氏

好きな作家さんいますか?
別に小説や随筆などのジャンルにこだわらなくて構いません。

あなたが一番好きな物書きさんです。

 

私が好きなのは、
「夢をかなえるゾウ」の水野敬也さん。

スポンサードリンク

有名な書籍もあるので、ご存知の方も多いでしょう。

mizunobooks

それ以外ですと、映画「イン・ザ・ヒーロー」の脚本も手掛けています。

intheh

思わず「クスっ」と笑わされるタッチが好きです。

こういう書き方が出来ると書く楽しみが出てきます。

 

本人は書いていて楽しい上に、
読み手は読んでいてどんどん引き込まれる・・・

 

「おもいしろいな〜」
「なるほどな〜」

といった感じで。

 

これは日々物事を書いて行く上で、
常々磨き上げて行きたいスキルですよね。

 

そんな折にある一冊に出会いました。

 

読み手への引き込み感などのスキル集を
高品質な内容で教えてくれる教則本です。それが

 

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

77tech

 

筆者は高橋フミアキさんという、小太りのオジさんです。

 

まぐまぐや「文章スクール」でも情報発信されておりますが、
非常に分かり易い文章の書き方を教えてくれます。

⇒ 「ポンポコ先生のライタースクール」(まぐまぐ)

⇒ 「高橋フミアキの文章スクール」

 

基本的にまぐまぐのメルマガは
どうしようもない低俗メルマガの倉庫ですが、
高橋フミアキさんのまぐまぐは登録すべき優良コンテンツです。

 

特にアフィリ業界の人達は、もう少し文章を学んだ方が良い。

 

売りたい気持ちが全面に出過ぎてしまって、
完全に反応率が取れなくなっているメルマガが多い。

 

これはマーケティングの話かも知れませんが、
メルマガ一回目のメールから売り込み掛けて来る
ってのはオフラインではまずありえない話。

 

にも関わらず、いきなりの高飛車ブランディングで
「買え買えリンク」読みづらいメールな訳です。

 

初回から売りたいんなら、
それなりの文章で魅惑してくれよっ!と。

 

いきなり、感情的になって申し訳ない。

 

それくらい、このアフィリエイト業界のライティングと言うか、言葉へのリスペクト感ってのが無さ過ぎるんでね。

 

是非、この本くらいは目を通して、

読み手を魅了する、または
なんか買わされてしまった・・

というくらいの爽快感を勉強して欲しいですね。



メール:

お名前:


コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter


このページの先頭へ