月5000円も稼げない95%を無視

「アフィリエイターの95%は月5000円も稼げていない」

これは情報商材などのセールスレターなどで
よく使われる衝撃的なキャッチフレーズです。

 

この情報の真偽はさておき、
それならば実際に稼いでいる5%層は
何をどうしてキャッシュを産んでいるのか?

 

気になりませんか?

スポンサードリンク

稼いでいる5%層の中には、
物販などのサイトアフィリを実践している人もいます。

 

なので全てがそうとは言い切れませんが、
少なからず下記のことは当てはまります。

 

「稼いでいる5%層は、
稼げていない95%層から売上を上げている」

 

これってまさに、19世紀アメリカで起きた
【ゴールドラッシュ】の仕組みです。

 

「稼ぎたかったら、金を掘るのではなく、
金を掘るためのツルハシを売れ」

ということです。

 

つまり、
小ちゃな金魚鉢に手を突っ込んで、
ぐるぐるかき回す、

 

一見、業界が活性化しているように見えますが、
鉢の中の金魚の数はいつも限られているので、
水が濁るだけ……

 

「ネズミ講じゃん」

そういう風に見えなくもないです。

 

これが今のアフィリエイト業界の現状でしょう。

 
これから稼いで行くには、
この金魚鉢の中にいてはダメ。

 

もっと大きな水槽に手を突っ込まないといけない

 

では、その大きな水槽とはなんなのか?

 

この新しい水槽をどれにするかで、
稼ぎの桁は違ってきます。

 

市場の大きいものがいい。

 

となると、
TwitterやFacebookといった市場がターゲットになるわけです。

 

最近ではLINEもその市場に入っていて、
そういうプロダクトローンチも目にしました。

 

ただこれだとまだまだ既成概念を越えた市場開拓はできません。

 

Twitter、Facebook、LINE….
これら以外の市場に当たりがついている人は大きく稼げます。

 

あなたにはそういった市場がありますか?



メール:

お名前:


コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter


このページの先頭へ