品質感を高めよう

今回は物販セールスでの見出しの検証です。

まあ、検証と言っても既に確立されているスキルなので、
どんどん取り入れてみて下さい。

スポンサードリンク

値段以上のお値打ち感を出す

見込み客はいつどんな時も、
提示価格よりも上のモノやサービスを求めます。

 

要は、

10円の商品でも、3万円の商品でも、少しでも

「お得だったあ!」

と感じたいのです。

 

では、それはどのようにして演出出来るのか?

「権威」付けのスキルを使います。

まあ少し応用的ですが、理屈は一緒です。

 

10円のモノにプラスαとして、権威付けを行うワケですから、
何も商品値段の数十倍の300円分もの権威を付ける必要はありません。

 

そもそも、それだと
巷の悪徳商材のセールスレターみたいになってしまいます。

 

物販ですから、

「素材の良さ」、「格式の高さ」、「技術力」とか

あとは「手間ひま(労力)」

などで補う感じで良いでしょう。

 

手順としては?

 

①、そのサービスや商品のウリ(強み)を明確にさせる

②、具体的にどの角度から高品質感を入れるか決める

③、プラスαの演出を入れる

 

①、素材で勝てないのなら、

「かかった時間(労力)」や「独特(独自)の手法(プロセス)」といった

オリジナリティに目をつけるなどです。

 

②、③、印象づけとして加える作業です。

例えば、「独自の製法」というだけよりも、

【昭和から引き継がれた老舗の味に、
本場○○のエッセンスを加えた・・】

といった様にです。

 

例「百獣の王、ライオン」

ただの「ライオン」と言われるよりも、

『百獣』が入るだけで威光が増します。

 

実際には百獣の中に、ゾウとかいれたら
決して王にはなれないハズですけね。

 

でも、何となくイメージが脳裏に浮かびます。

それらしい感じが持てて、「ライオン=王」として認識する。

 

常日頃から色んな商品に、
可能な範囲でそういったネーミング付けて練習してみて下さい。



メール:

お名前:


コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter


このページの先頭へ