3回繰り返す

先日、以下のような問い合わせがありました。

「メルマガを書いています。
精読率も決して悪くないのですが、
中々行動に移してくれる人がいません。

なぜでしょうか?

メルマガの書き方もあるかとは思いますが、
即効性のある手法はありませんか?」

 

実際のメルマガを見ると決して悪い書き方ではない。

むしろそこいらの名の知れたアフィリエイターさんよりも
しっかりした内容で、ボリュームも問題ない。

 

ただ、最後のクロージングで、
読み手を動かすには弱いだろうな

という印象でした。

 

スポンサードリンク

 

実際のオフラインの営業現場でも、
このライティングのようなタイプの営業マンはいます。

 

いわゆる「クロージングの弱いタイプ」です。

 

いや、弱いというよりは、

「クロージングが決まらない」

といった方が正しい。

本人はしっかりとクロージングをかけたつもり、

もしくは、確かにそれらしいことは言っている、

でも、それが見込み客の行動に繋がらない。

 

 

いくつかの理由があります。

 

まず、クロージングをかけるタイミング。

 

全く説得もできていない状態で、
突拍子もない時に行動にを促されたりしても、
まず何も起こりません。

むしろ、気味悪がられたりして相手にされないといった結果を招きかねません。

 

それ以外ですと、「繰り返し言う」こと。

これにつきるかと思われます。

 

実際に先ほどの問い合わせをされてきた方の文は、
まさにそれが原因でした。

 

その人の文章は

それなりに読みやすい構成、
飽きも来ない話の流れ、
時折、読み手を惹きつけるエピソードもある、

しかし、読み手は購入行動へ向かわない。

 

土俵際までは追い詰めているんです。

ただ、寄りきれない。

 

これをクリアする方法は、

「繰り返し言う」

という事です。

 

 

「ふん、なんだそんなことかよ、
そんな事したら、読み手にウザがられんじゃん!」

とはいうなかれ。

 

何も何度も同じ内容を繰り返せ、と言っているワケではありません。

 

【エピソードを変えて、同じことを3回繰り返す】

という事です。

 

同じ主張でも、複数の角度から繰り返されるといやでも記憶に残ります。

 

1つの配信で、いくつもメッセージを送るよりも
一つのメッセージをエピソードを変えて
3回繰り返す方がより効果的です。

 

「エピソードなんてそんなにないよ」

という方もいるかと思います。

 

エピソードではなく、視点という意味で全く構いません。

 

まとめ

 

1、メッセージをひとつ決める

2、メッセージを伝えるための「体験」または「視点」を探す

3、メッセージを伝えるための「例え話」をイメージする
例)見込み客がメッセージを実践した場合と、しなかった場合などなど

4、権威を使う
例)名言や巷の常識、身近な人の成功体験をメッセージにからめる

 

いかがでしょうか。

一つのメッセージを3つの視点から切り込んでみました。

くどくならないように表現も変えて行きましょう。



メール:

お名前:


コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter


このページの先頭へ